• ホーム
  • 単純ヘルペスがもたらす「カポジ水痘様発疹症」って?

単純ヘルペスがもたらす「カポジ水痘様発疹症」って?

2020年05月16日

カポジ水痘様発疹症は0歳~5歳に多く発症するウイルス性感染症とされ、単純ヘルペスウイルスやコクサッキーウイルスA16などのウイルスが基礎となる皮膚疾患に感染することで発症する合併症です。特に、単純ヘルペスウイルスは神経節に侵入して一生涯潜伏感染するので、免疫力が低下するとウイルスが再活性化し、カポジ水痘様発疹症も口唇ヘルペスや性器ヘルペスのように再発を繰り返すのが特徴です。基礎となる皮膚疾患は、アトピー性皮膚炎が最も多く、他には脂漏性皮膚炎や尋常性魚鱗癬などがあります。原因は、アトピー性皮膚炎や尋常性魚鱗癬などを発症していることで皮膚のバリアー機能が低下しており、単純ヘルペスウイルスやコクサッキーウイルスA16などのウイルスに感染されやすくなっていることです。しかし、アトピー性皮膚炎や尋常性魚鱗癬などを発症している患者全てがカポジ水痘様発疹症を発症するわけではなく、フィラグリン遺伝子に異常変異がある患者が発症しやすいとされています。

フィラグリン遺伝子は、バリアー機能を正常に維持するために必要不可欠なフィラグリンと呼ばれるタンパク質に関わる遺伝子とされています。フィラグリンはケラチンと呼ばれる繊維タンパク質を凝縮させるとともに、アミノ酸に分解される皮膚成分です。フィラグリン由来のアミノ酸は、角質細胞内で天然の保湿因子として働き、皮膚の最外層の角層に20%~30%程度の水分量を維持して潤わせます。フィラグリン遺伝子は、アトピー性皮膚炎の合併症となることが多い尋常性魚鱗癬患者でも異常変異が引き起こされており、アトピー性皮膚炎の約3割に異常変異が見つかっています。アトピー性患者は、フィラグリン遺伝子の異常変異を別にして、フィラグリンタンパク質の生合成量が減少しており、皮脂膜も少ないので角層の水分量も少なく、バリアー機能も低下している状態です。

カポジ水痘様発疹症は、前駆症状で高熱や有痛性のリンパ節腫脹などを発現し、ピリピリとした疼痛を伴う水ぶくれや皮膚が赤く腫れるなどの症状を発症します。特に単純ヘルペスウイルスの初感染時には、再発時に比べて全身症状が強く出るので、より高い高熱や局所のリンパ節腫脹などの発症に注意が必要です。水ぶくれは播種性に拡大していくとともに、水ぶくれが膿疱を経てびらんを形成し、次第にびらんがかさぶたに変わって治癒します。治療は、基礎となる皮膚疾患のアトピー性皮膚炎や尋常性魚鱗癬のステロイド、免疫抑制剤などの薬物療法と併せてカポジ水痘様発疹症の治療が行われます。カポジ水痘様発疹症の治療は、病原の単純ヘルペスウイルスに対する抗ウイルス薬と、細菌性合併症の感染予防としての抗菌薬の併用による薬物療法が行われています。

関連記事
感染症にかからないために!免疫力を高める方法を紹介

感染症は、栄養バランスのとれた食事や適度な運動、充分な睡眠などの規則正しい生活習慣をおくっている人の感染率が低く、逆に過度の疲労や過剰なストレスを蓄積している人は免疫力が低下しているので、日和見感染症にも感染してしまう悲しい現実があります。そのため、普段から感染症にかからないように免疫力を高める必要

2020年06月20日
目にもヘルペスは感染する!?角膜ヘルペスの特徴とは?

単純ヘルペスウイルスは、口唇周辺に発症する口唇ヘルペスや下半身に発症する性器ヘルペスなどを引き起こす病原ウイルスですが、目の角膜に感染して角膜ヘルペスを発症させるウイルスでもあります。単純ヘルペスウイルスは初感染後感染患者の細胞由来の外膜エンベロープを持つので、親和性が高く三叉神経に潜伏感染していま

2020年04月07日
ヘルペスの予防・改善に有効な食べ物はコレです!

ヘルペスは、体内に病原ウイルスを持っているので免疫力が低下すると再発を繰り返しますが、免疫力を上げることでヘルペスの予防・改善が可能です。免疫力は、栄養バランスのとれた食事や基礎代謝量を増加させる有酸素運動などによって向上しますが、ヘルペスの予防・改善に有効な食べ物をバランス良く摂取することでも免疫

2020年02月27日
子どもの水ぼうそうへの対処法とは?

水ぼうそうは、水痘・帯状疱疹ウイルスVZVに初めて感染することで発症するとされ、日本国内では子どもを中心に毎年100万人以上が罹患して苦しんでいる疾患でした。しかし、2014年以降は生後12カ月~生後36カ月までの乳幼児に水痘ワクチンが定期接種となったことで患者数は減少傾向にありますが、水ぼうそうへ

2020年01月22日
バルトレックスは通販購入で即日発送してもらうことができる

病院での処方の他、通販サイトでバルトレックスを買う方法があることをご存知でしょうか。バルトレックスは一般的には専門の医師が発行する処方箋が必要な処方箋薬ですが、厚生労働省の医薬品等輸入に関する規制緩和によって、用法用量に基づく1カ月分の医薬品量が個人輸入できるようになりました。医薬品の輸入には、原則

2019年11月19日
口唇ヘルペスは再発しやすい!どうやって防げる?

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染することで発症しますが、1度感染すると一生涯この病原ウイルスのキャリアとなることから再発しやすい疾患と言われています。単純ヘルペスウイルスは患者の感染細胞由来の外膜エンベロープを有することから、健康な細胞とも親和性が非常に高く、三叉神経節や知覚神経節などの神経

2019年12月23日
帯状疱疹の症状や対処方法を詳しく解説しちゃいます

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスVZVに感染することで発症しますが、VZVは初感染時には子どもがよく罹患する水疱瘡として発症するとともに、体内の神経節に潜伏感染してしまうウイルスです。帯状疱疹は、体内で潜伏感染する病原ウイルスが加齢による身体機能の低下や、過剰なストレスよる自律神経の乱調などに起因す

2019年12月08日
バルトレックスで性器ヘルペスを改善しよう!飲み方や値段も紹介

バルトレックスは、性器ヘルペス治療の第1選択薬として数多くの医療機関で処方されている治療薬であり、単純疱疹や帯状疱疹の治療だけでなく、性器ヘルペスの再発抑制治療にも処方されている抗ウイルス薬です。バルトレックスは、イギリスの大手製薬メーカーであるグラクソ・スミスクラインが開発したDNAポリメラーゼ阻

2019年11月01日
性器ヘルペスの感染経路と予防方法はコレ!

性器ヘルペスは、性器を使用した性行為による感染経路が最も多くの男女に感染させていますが、性交渉時に男女の性器に顕著な症状が発症していない無症候性でも感染するリスクがあります。そして平成28年以降、厚生労働省の性感染症報告数は9,000人以上で推移しています。性器ヘルペスは、性器を使用した一般的な性交

2019年10月17日
陰部にブツブツができたら性器ヘルペスかも?症状を解説します

陰部のブツブツは性器ヘルペスを発症している可能性が高く、思い当たる行動や違和感がある場合にはパートナーと揃って専門の医療機関の診療を受診すべきです。性器ヘルペスは、原則的に単純ヘルペスウイルス2型に感染や再感染することが原因で発症しますが、感染から2日~10日程度の潜伏期間を経て陰部にブツブツとした

2019年10月03日